2018年09月30日

ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代のマジック」「7」

 ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代のマジック」「7」

      世界の魔術、妖術、予言

 どこの国のどこの年代においても、魔術師がおりました。

 古代ギリシャには、数々の信託があり、マジックに関連がある
ことを物語っています。

 デルフィーの信託には、ギリシャ人の生活とイマジネーション
に大きな影響を与えたことで有名です。

 ギリシャのマジックに関するお話のなかから、ひとつの物語を
お話しますと、サーシーは大変に美しく、男たちを魅了して、
誰でも彼女を見たものは、彼女の魔力から逃れることはできず
魔力にかかった男たちを、城へ誘い、彼らを豚に変えてしまった
というお話。

 ローマにおいては、シーザーの死にまつわる話、これは、予言者
がシーザーに3月15日に警戒するように、繰り返し忠告を受けていま
したが、聞き入れなかったために、3月15日に暗殺されたという話。

 また、ネロの皇帝もマジシャンの力にたよりました。彼は実の母
アグリビーナをころしてしまい、マジシャンによって、母の霊を
呼び出して、許しをこうための祈りを捧げようとしたなど。

 スコットランドでは、マクベス王の話があり、魔術、妖術により
幻覚を引き起こし、幽霊を呼び出したという話。

 また、10世紀における教皇(きょうこう)のはなしもあり、彼
らは、魔術や、妖術を学んだといわれています。

 教皇とは、聖職に着く最高位のひと、いわゆるローマ法王のよう
な人が、魔術や、妖術を学んだんですね!。

 今日は、この辺で、では次回また!

 ミスターJ。
posted by ミスターJ at 17:30| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代におけるマジック」「6」

〇 ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代におけるマジック」「6」

   ゾロアスターの二元論と、生命の三角形、星形

 ゾロアスター教の二元論は、個々の心の中にも存在します。

 良い考えと、悪い考えをしていまうなんてこともありますよね
胸に手を当てると・・・・
思い当たることもあると思います。

・・・・・また、大ヒット映画の中でも、二元論それが、もちいられて
いますよね。
  スーパーマン、バットマン、スパイダーマン、ハリーポッター
よく見る、テレビドラマなどにも、
「善と悪」そして「マジックの要素」
も多くみられます、そして言っています。

 ソロアスター教が医学にも優れていたと。

 また、ゾロアスター教は、
 「生命の三角形」を強調し、これは、霊魂、精神、肉体を
意味し
  霊魂を青にたとえ
  肉体を赤に例えています。

 そして霊魂を腺に、精神を肺に、肉体を肝臓と

 そして、生命の星型、というものを捕らえ、この星型の
バランスを重要視していました。

 それは
 霊的、精神的、肉体的なものに加え、社会的、財政的という
それら5つの分野において、力をつけなければならない
といっています。

 私たちも、常に、心と体を鍛え、頭を使い、社会に交わり
働き、時には我慢もし、感情をコントロールしながら、
公私のバランスよく生活していかなければなりませんよね!


 今日は、この辺で、ミスターJ。
posted by ミスターJ at 18:25| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代におけるマジック」「5」

〇 ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代におけるマジック」「5」

     ゾロアスター教

 ゾロアスターの善の神、「アフラ=マズダ」これは、神聖な
光と英知の神で、近代において、電球を発明したエジソンも
ゾロアスターを研究していて、電球の名前をマズダと名付けて
います。

 また、日本の自動車メーカー、トヨタ、日産、ホンダ、マツダ
ダイハツ、三菱、スズキ、いろいろありますが、マツダ自動車の
マツダも綴りは「MA oZUDA」で、マズダです、このネーミングも
英知の神からとっているといわれています。

 現在もゾロアスターは世界に15万人ぐらい、いるそうです。

 そして、イギリスのロックバンド、クイーンの「フレディー
・マーキュリー」の両親もゾロアスターだったそうで、この
フレディ、世界最高のボーカリストといわれていましたが、
HIV感染合併症で、45歳でなくなってしまいました。
 彼の歌の中には、All God's peopl(神々の民)
 A Kind of Magic  All Dead・All Deadなど、神や
マジックや、死に関する歌も歌っていました。

 余談になりますが、フィギャースケートの町田選手
、数年前のグランプリファイナルのショートで2位
総合で6位になってしまいましたが、彼が2012年の
エキシビションではクイーンのDon't stop me nawと
いう曲を使っていました。
それにしても、今でも思い出します、この時の羽生選手
の怪我の後の復活、ファイナルを制しましたことは、
すごいことでした。

 さて、ゾドアスターの光と善の神、アフラ=マズダの
発展と共に!!!

 ゾロアスターの敵が悪魔的発展をして

 ペルシャの悪神・・アーリマンと化し
 のちにユダヤの・・サタン
 さらにキリストの・・魔王となり、
 パウロの魔王となり

 そして中世におけるキリストのデビルと化していきました

 宗教発展の中で、デビルは重要な役割を果たしています。


 今日はこの辺で、ではまた!
                ミスターJ。





posted by ミスターJ at 23:09| 東京 🌁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月13日

ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代におけるマジック」「4」

 ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代におけるマジック」「4」

     ゾロアスター教

 ゾロアスター教というのは、キリスト教以前の宗教で、天国への
昇天は、キリスト教に大きな影響を与え、”エクノ書はそれが、
ヨハネの黙示録に差し替えられるまで、3世紀もの長い間、聖書
の一画を占めていました。

 これはイエスにもパウロにも読まれたものであり、イメージ
神学において明らかに、ゾロアスターのものだといわれています。

 ゾロアスターは、偉大な宗教家であるばかりか、科学者であり
農学者でもあり、創造的な頭脳から、新しい食物も、生み出された
のです。

 人間は2面性を持っています、優れた面と、劣悪な面、また生命
の2面性は、すなわち、男と女、明と暗、熱さと冷たさ、天秤の
反対側のものが、もう一方を説明するのに用いられることも多い
のです。ゾロアスターは弟子たちに行ったことは、私たちも常に
言い続けなければならないことは、”よい考え方、良い言葉、よい
行いと!!いっています。

 この考え方は、皆様がよくご存じの、マザーテレサの
「5つの気を付けなければならないこと」にも、見ることができ
ます。

 1、思考には気をつけなさい、それはいつか言葉になるから
 2、言葉には気をつけなさい、それはいつか行動になるから
 3、行動には気をつけなさい、それはいつか習慣になるから
 4、習慣には気をつけなさい、それはいつか性格になるから
 5、性格には気をつけなさい、それはいつか運命になるから

この言葉を見るたび、日ごろの言動には気を付けなければと
思います。

 今日は、この辺で、では、また、   ミスターJ。
posted by ミスターJ at 15:49| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代におけるマジック」「3」

 ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代におけるマジック」「3」

   旧約聖書の中のオリエントの「マギ」

 旧約聖書には、オリエントのマギという賢者に対する記録が見いださ
れます。
 マギとはMAGIと綴られて、マジックの語源と言われています。

 これらのマギは、エジプト、バビロニア、ペルシャ、インドなどに
いたといわれ、彼らは大衆より、高い教養と広大な知識を持ち、
その知識がゆえに、あがめられていました。

 マギは、キリストが生まれる何百年も前から、キリストの生誕を
予言していました。
 死を克服して、天国の存在を教えてくれる、偉大な人物が現れると、
告げていました。

 マギは、太陽崇拝者、火崇拝者とも呼ばれていましたが、光崇拝者で
あったのです。声明は光の中に、現わせるものであると!

 また、マギは、マジックという言葉の源泉は、「生命の法則の真実の解釈」
といった意味があるとも言っています。

 ”私にある!に表現される人間の魂、内なる神、神の具現化、衰えることの
ない神の光・・・・などとして現わされるのです。

 マギは、光の力、波動の力、そして言葉の力を知っていました。

 また、マギの哲学の中に、我々が与えるものを、我々が得る!これは
仏教の中にも「与えて得る」という教えがあります。

 我々が与えることによって、我々の中に真空が生じ、自然の力は、
真空を満たそうと働き、すぐに、与えた以上のものが、注ぎこまれ
るという。

 愛を与えれば、それ以上の愛が返ってくる、憎しみを与えれば、
それ以上の憎しみが返ってくると。

 世にいう、ピラミッドもマギの「テレオイズ・システム」という
ものの時代を、物語っています、7つの巨大なピラミッドの中には
全て、同じ大きさの部屋があり、それは、マギの手法を示すものだと
言われています。

 また、マギの哲学が弟子のサイラスたちにって、広められて行き
まいた、サイラスはゾロアスター教の信徒でありました。

 これが、科学、農学、新しい分野へと広がってゆきます。

 では、また、ミスターJ。
posted by ミスターJ at 15:13| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月06日

ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代におけるマジック」「2」

〇 ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代におけるマジック」「2」

   ☆ 聖書のマジックの記録

 古代におけるマジックの記録の源泉は、聖書に、記されています。

 7つの豊かな麦と7つの貧しい麦、7匹の太った牛と7匹のやせた
牛、という「バロの夢」の話をご存知の方も多いと思いますが、これ
を「ヨセフ」がエジプトの7年の豊作と7年の飢饉と、説いたと!

 モーゼとアロンがエジプト王、ファラオに対し、人民解放をし、他の
地域に住めるよう嘆願したときに、モーゼが神の使いであることを
証明するために、持っていた杖をアロンに渡し、王の前に投げだし、蛇
に変えたということ。

 また、ユダヤの王は、予言者や魔術師を呼んで、彼らのために、未来を
占わせたと、伝えられています。

 人々の運命が、魔術師によって、左右されていたのです。


 ミスターJ。
posted by ミスターJ at 14:17| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代におけるマジック」「1」

 ミスターJ思い出「マジックの歴史、古代におけるマジック」「1」

 このマジックに関しての歴史の記事は、日本奇術連盟の奇術界報
にかつて載せたものですが、ブログで、少しずつ紹介をしてゆきたい
と思います。

 まず、マジックというものが、歴史、宗教、医学、薬学、化学
そして、そのほかの科学の源泉であるということを、申し上げると
首をかしげる方も、いらっしゃるかとは思いますが、歴史をひも解く
と、それがわかってきます。

 遠い遠い世界、古代の時代からマジックが生活に密接していたことが
わかります。
 エジプトの壁画には、カップ&ボールの絵が描かれていました、ある
地域では、宗教の重要な部分として、ある地域では、生活そのものの
一部であり、そしてまた他の地域では、マジックの強力な影響力のもと
に集団社会を保っているということを見出せます。

 また、古代の人々は、太陽、雨、嵐など超自然的な現象の中に神を
信じていました。
 動物のいけにえや、各種の供物を捧げる祭礼によって、神の怒りを
抑えるという、神の意志を動かすのがリーダーであり、神の使いで
あると考えられていました。

 それは、僧侶であり、僧侶は魔術師であり、宗教と密接な関係があったことがわかります。

 現代マジックの中でも、僧侶が、考え出したものも多く残っていて
そして、演じられています。リンキングリングなどはその代表的な
物です。

では、また次回にミスターJ。
posted by ミスターJ at 13:45| 東京 🌁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする