2018年10月16日

ミスディレクション

 ミスディレクション

 マジシャン同士が、会話するとき、よくミスディレクション
ということを、語り合う、これも私の思い出の中に、鮮明に
ある。

 マジシャンは、手先だけではなく、心理的誘導をする
ミスディレクションが重要な要素である。

 もともとは推理小説で用いられた手法で、その際は
ミスリードとも呼ばれます、観客の注意を間違った方に
逸らして、判断を誤らせる心理的テクニックです。

 ≪ ミスディレクションの3つの方法 ≫

@ フィジカル(身体的)ミスディレクション

  視覚、聴覚、触覚・・・様々な感覚器官に訴える
  もっとも直接的な方法。

  観客は演者が注目している方を注目します。
  目線の使い方、体の動き、も重要!

  演者が右のほうを指さしてみれば、観客もその方を
  見ます、また視線の方向を見ます。

A サイコロジカル(心理的)ミスディレクション

  常識や先入観、思い込みを利用した、心理的な手法。

 (例)ポケットからネタ取りをする場合、今持っている
    道具をしまうという動作で、ネタを取ってくる。

    これも、しまう前の、観客に示す動作、
    表情も、重要になってきます。

B タイム(時間)ミスディレクション

  時間のズレを利用して、観客の記憶をコントロール
  する。
  人間の記憶は、非常にあいまいである、細かい順番
  など、記憶しきれないというところを利用。

  時間をただ過ごすのでなく、前のことを忘れさせるくらい
  の素敵な演技、また時間を経ることが重要。

※ ミスディレクションの名手
  スコットランドの、マジシャン、ジョン・ラムゼイ氏
  スペインのマジシャン、ホアン・タマリッツ氏が有名。

 今日はこの辺で、では、また!

 ミスターJ。
posted by ミスターJ at 13:51| 東京 ☀| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする