2020年06月02日

コロナと花火

〇 コロナと花火

 新型コロナウィルスの鎮魂の願いを込めて
「共に頑張ろう」「コロナに打ち勝とう」と
全国の各地で、花火が打ち上げられた。

  コロナ花火.png


 この、花火のルーツをたどると、江戸時代
享保17年、大飢餓で、多くの死者がでて、
さらに、疫病が流行し、多大な被害と影響がでた。

 8代将軍吉宗は、翌年、犠牲になった人々の
慰霊と悪病退散を祈り、墨田川で、花火を
打ち上げたことが始まりとされている。

 鎮魂を目的とした花火、復興を願う花火も
これまでに多く打ち上げられている。

このように
花火協会の皆様の熱い思いが、今回のコロナの
鎮魂につながることを、切に願いたい。

 小宮行雄。

posted by ミスターJ at 14:35| 東京 ☁| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
花火が各地で上がったって
ニュースで知りました(^^;
見れなかったのが
ホント残念で残念で・・・(T−T
Posted by 水葱 at 2020年06月02日 20:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: